介護福祉士になる!

介護福祉士になる!へようこそ!介護福祉士になる!は介護福祉を目指す人のために、介護福祉士試験の概要や介護福祉士の仕事など、介護福祉士の情報を集めたサイトです。介護福祉士を目指す人はぜひ、一読していってください。
介護福祉士になる!をお気に入りに入れる


介護福祉士になる!

介護福祉士になるためには
養成施設を卒業する
国家試験を受験する

4年制養成施設リスト
北海道地区
東北地区
関東信越地区
東海北陸地区
近畿地区
中国四国地区
九州地区

2(3)年制養成施設リスト
北海道地区
東北地区
関東信越地区
東海北陸地区
近畿地区
中国四国地区
九州地区

1年制(社)養成施設リスト

1年制(保)養成施設リスト
北海道地区
東北地区
関東信越地区
東海北陸地区
近畿地区
中国四国地区
九州地区

介護福祉士国家試験
受験資格
試験概要
実技試験免除制度の概要

第18回介護福祉士国家試験合格基準

第18回介護福祉士国家試験解答速報

介護福祉士合格講座
ユーキャン通信講座
ニチイ学館

介護・福祉関連ニュース




介護福祉士になる! > 介護福祉士になるためには > 国家試験を受験する > 受験資格

介護福祉士国家試験の受験資格は、法令等により次のいずれかに該当する者となっています。

@実務経験による受験 (3年以上介護等の業務に従事した者)

<業務従業期間・従事日数>

受験資格となる実務経験で、現に就労した期間・日数は、通算して下の通り必要です。

従業期間 1,095日以上
従事日数 540日以上

※従業期間※
受験資格の対象となる施設(事業)及び職種での在職期間

※従事日数※
従業期間内において実際に介護等の業務に従事した日数
(従事日数については、年次有給休暇、特別休暇、出張、研修等により実際に介護業務に従事しなかった日数を除く。)

●受験申込み日までに3年に達していなくても筆記試験前日までに期間・日数が上記の日数以上となる見込みの者は「実務経験見込み」として受験できます。


<介護等の業務とは>
身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと。

実務経験の詳細については「受験資格となる実務経験」を参照してください。

A福祉系高等学校卒業による受験

(1)福祉系高等学校卒業(見込み)者
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校(専攻科及び別科を除く。)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める教科目・単位数(下記参照)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)・大学へ「飛び入学」した者

A 平成13年度までの入学生
必修科目
●福祉
社会福祉基礎 2
社会福祉制度 2
老人介護 4
社会福祉援助技術 4
社会福祉実習 6
社会福祉演習 2
●家庭
家庭一般 4
被服 2
食物 2
●看護
看護基礎医学 4
基礎看護 4
選択科目
社会福祉演習、家庭経営・住居又は成人看護のうちから1科目 (2)
合   計 36(38)
 ※ただし、平成13年度入学生は「選択科目」を修めることを要しない。

B 平成14年度以降の入学生
●福祉
社会福祉基礎 4
社会福祉制度 2
基礎介護 6
社会福祉援助技術 4
社会福祉実習 6
社会福祉演習 4
●家庭
家庭総合 ※ただし、平成14年度入学生は「家庭一般」 4
●看護
看護基礎医学 4
合   計 34
※ 留年、編入等により修業年限3年で卒業しない者は、科目名、単位数が上表と異なる場合があります。



(2)福祉系高等学校専攻科
 卒業(見込み)者  学校教育法による高等学校又は中等教育学校の専攻科(修業年限2年以上)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める科目・単位数(下記参照)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)
  現在、該当するのは、
  ・NHK学園高等学校専攻科(通信制、TEL 042−572−3151)
  ・基督自然学園高等学校専攻科(通信制、TEL 0551−45−0510)
の2校です。

社会福祉概論 3
社会福祉原論及び社会保障論
老人福祉論 3
障害者福祉論 3
社会福祉援助技術 2
社会福祉実習 6
社会福祉演習 2
心理学 3
家政学概論 3
医学一般 4
介護概論 4
合   計 33



Google

(C)介護福祉士になる! 2006