鹿島アントラーズ、介護予防事業に参入〜介護・福祉関連ニュース

介護福祉士になる!へようこそ!介護福祉士になる!は介護福祉を目指す人のために、介護福祉士試験の概要や介護福祉士の仕事など、介護福祉士の情報を集めたサイトです。介護福祉士を目指す人はぜひ、一読していってください。
介護福祉士になる!をお気に入りに入れる


介護福祉士になる!

介護福祉士になるためには
養成施設を卒業する
国家試験を受験する

4年制養成施設リスト
北海道地区
東北地区
関東信越地区
東海北陸地区
近畿地区
中国四国地区
九州地区

2(3)年制養成施設リスト
北海道地区
東北地区
関東信越地区
東海北陸地区
近畿地区
中国四国地区
九州地区

1年制(社)養成施設リスト

1年制(保)養成施設リスト
北海道地区
東北地区
関東信越地区
東海北陸地区
近畿地区
中国四国地区
九州地区

介護福祉士国家試験
受験資格
試験概要
実技試験免除制度の概要

第18回介護福祉士国家試験合格基準

第18回介護福祉士国家試験解答速報

介護福祉士合格講座
ユーキャン通信講座
ニチイ学館

介護・福祉関連ニュース




介護福祉士になる > 介護・福祉関連ニュース

鹿島アントラーズ、介護予防事業に参入

2006年7月26日:NIKKEI NETより

 サッカーJリーグ1部の鹿島アントラーズ・エフ・シーが、来年4月から介護予防事業に参入すると発表しました。地域の高齢者が介護を必要とせずに暮らせるように、選手やコーチがストレッチなどの運動や健康法を低価格で指導するというものです。厚生労働省によるとサッカーチームの介護関連事業への参入は初めてとのこと。

 市町村が実施する介護予防の地域支援事業の一環として、鹿嶋市がアントラーズに業務を委託し、ホームグラウンドであるカシマサッカースタジアムや自治体の公民館などで、ストレッチやウオーキング、体操を主とした「運動プログラム」と、健康法やダイエット、食事指導などの「教養プログラム」を提供するとのこと。



Google

(C)介護福祉士になる! 2006